城町バルとは?

函館から始まったバル街

スペインはバスク地方にある飲食店が連なった街。ここを巡り歩く楽しさを再現できないかと、函館で開催された「スペイン料理フォーラム」の際に同地のバスク料理店オーナーが地域の店舗に呼びかけ、2004年2月に25店舗で始まったのが「函館バル街(はこだてばるがい)」。

フォーラムの参加者のみならず、当日参加された430名もの人たちは、冬の寒さに関わらず街に繰り出し、大盛況で終わったそうです。そして聞こえてきた「もう一度やらないか」の声にこたえて実行委員会が作られ、同年10月以降は年2回の開催を重ねて現在に至るそうです。

参考:「バル街」は函館で始まりました (函館西部地区バル街)

その後、2009年には函館を参考に大阪の伊丹市で開催された「伊丹まちなかバル」をはじめ、「バル街」または「街バル(まちばる)」などと呼ばれる同様のイベントが全国で開催されはじめ、事前に主催者から飲食のチケットを購入し、参加各店舗をハシゴしてまわる飲み歩き・食べ歩きのイベントとして認知されてきました。

長野市の「ごんバル」から

まつもと城町バルの実行委員となるメンバーが、街バルを初めて知ったのが長野市で開催されていた「ごんバル」。参加したときに思った「こんな楽しいイベント、誰か松本でもやってくれないかなー!」から「だったら自分たちで初めてしまえ!!」と開催を決め、準備にあたりました。

開催前の1年間を視察や準備に費やして、長野県の助成金「元気づくり支援金」の審査も無事通過。2015年10月にテストも兼ねて28店舗でのプレイベントを行い、そして2016年2月に60店舗が参加した第1回まつもと城町バルが開催されました。以降2018年までは2月、6月、10月の年3回を開催。2019年からは5月、10月の年2回開催を予定しています。

城町バルの楽しみ方!

松本のまちなかを歩いて、食べて、飲んで、行ってみたかったお店、知らなかったお店をハシゴして、ひと晩ゆっくりと楽しむイベント「まつもと城町バル」。普段はなかなか入れないお店、話題の人気店、隠れ家的なお店など、さまざまなジャンルの飲食店が参加するこのイベントで、松本をおもいっきり楽しみましょう。
城町バルは1冊5枚つづりのチケットを使い、参加店舗でチケット1枚につきオススメの1品+1杯を楽しむ食べ歩き・飲み歩きイベントです。1冊を何人かで分けても、一人で何冊使ってももちろんOK!!この機会に行ったことの無かった店のメニューや雰囲気をぜひ楽しんで、新しいお気に入りを見つけてみて下さい。(※ チケット1枚でご注文頂いたメニューを、複数人でお分けいただくのはご遠慮ください。城町バルで店舗をご利用の際は、人数分のご注文をお願いいたします)

チケットを購入する

チケットのページにも掲載していますが、城町バルのチケットは開催日一か月前くらいから参加店舗・チケット販売店舗・事務局やネットでも購入できます。また前売りで売り切れなかった場合、当日に総合案内所で当日券として販売され、多くの方がチケットが足りなくなって買い足しに来られます。あとバルもあるので、余裕を持って手に入れておくといいでしょう。

チケットは通常チケットとノンアルコールチケットの2種類があります。違いはチケットを使った時に提供されるドリンク。ノンアルコールチケットは、その名の通りお酒は選べません。お酒の飲めない方、当日車で来られた方などにも楽しんでいただけるよう用意していますので、ぜひご利用下さい。
(ノンアルコールチケットは参加店舗以外で取り扱っています)
チケットの価格は、通常チケットが前売り3,500円(当日4,000円)、ノンアルコールチケットが3,000円(当日3,500円)。それぞれ税込です。(チケットの配色は回によって異なります)

事前にパンフレットでお店をチェック!

チケットを手に入れた時には、忘れずにパンフレットも手に入れて下さい。チケットが当日受取りとなる方も、参加店舗などでパンフレットが置いてありますので入手すると良いでしょう。
パンフレットには参加店舗のメニュー・時間・地図が載っているので、事前に回る店をいろいろ考えるのも楽しい時間になります。 特に数量限定の店舗は早めにまわるなど、まわる順番を事前に決めている方も多いようです。

当日 のぼり旗を目印に店をまわろう!!

まつもと城町バル当日、パンフレット片手にお目当ての店をまわりましょう!
開催店舗の目印は城町バルののぼり旗。そして店頭にある提供メニューの書かれたメニューポスターです。
人気のお店ではパンフレットに記載の時間前から行列ができていることも!入店待ちの列ではパンフレット片手に他の参加者と「どこに行きました?」「あの店は美味しかったよー!!」などの話も聞かれます!!

お店の「この日の一品」を味わおう!

お店に入ったら城町バルで来た事を告げ、チケットと引き換えにパンフレットに掲載の一品(複数から選ぶお店もあります)とドリンクを選んで注文します。(チケットを帰りに渡す場合もあります)
お店によってはパンフレット掲載以外に選べるメニューがあったり、限定数が終わった後でも他の料理を急きょ提供している場合もあります。何軒かまわったあとで、お腹がいっぱいだったら料理+1杯の代わりにドリンク2杯を注文することもできます。
そのお店が気に入った場合、追加で通常メニューを注文できる場合もありますが、行列がある時は30分くらいで譲り合って次のお店を目指しましょう!!

チケットが余ったら

城町バルのチケットは、翌日以降も金券として参加店舗で利用できます。
当日使い切れなくてチケットが余った場合には、チケットに記載の「あとバル」期間中は参加店舗で600円分の金券として、お支払に充てることができます。(ノンアルコールチケットは500円分)
城町バルで訪れて気に入ったお店や、行きたかったけど行かれなかった店など、この期間に再度行ってみてはいかがですか?
余ったチケットも、無駄なく使い切りましょう!!
(※第10回よりあとバル期間が1週間となりました)

アンケートに答えて次回チケットをゲット!!

城町バル開催翌日から約1か月間、城町バルについてのアンケートを行っています
このアンケートに回答頂いた方の中から抽選で次回の城町バルのチケットをプレゼントしています。
城町バルに参加して気になった点、改善したほうがいいと思ったこと、美味しかったメニューなど、ぜひ教えて下さい。一緒にこの城町バルを、より良いものにしていきましょう!!
(第11回まつもと城町バルのアンケート受付は開催後に行います)